1996

潟上市昭和庁舎(旧・昭和町庁舎)

Office, Town Hall

秋田市に隣接する人口一万人弱のこの町では、計画当時“ネットワークコミュニケーション”をキーコンセプトに、新しい役場空間の在り方を試みていた。執務空間は大きな吹抜けを持った広い空間で、自然光のふりそそぐ、明るく温かい快適空間である。机の配置は従来のタテ割り形式を打ち破るフリーアクセスフロアとし、フレキシブルかつ自由なレイアウトになった。議場には楕円形の平面を用い、正面のレリーフや壁面に秋田杉の角材や縄、間伐材を使って、人と人との対話や輪、つながりを表現させた。内壁には地場の杉材を使い、なつかしくも温かみある雰囲気を出した。

所在地:

秋田県潟上市

設計期間:

1995.07~1995.10

施工期間:

1995.12~1996.12

用途:

役場庁舎

構造:

SRC,RC造,一部S造
2階建

規模:

延床面積 3,643.94㎡